速水発条株式会社
会社概要 生産品目 求人案内 ネットワーク 技術情報 お問い合わせ

 
万葉歴史館 | 越中国庁跡 | 万葉句碑 | 勝興寺

万葉歴史館



奈良時代、大伴家持が越中国の国守として高岡市伏木へ赴任してきた。家持は万葉歌人としてその名も高く、この地でもたくさんの歌を詠み、優れた歌を残しています。平成2年に開館した万葉歴史館は、高岡市が進める万葉のふるさとづくりの拠点施設として万葉集をテーマとした収集・研究活動を行っており、市民の生涯学習の場にもなっています。

 


(C) Copyright 2007 Hayamizu Hatsujo Co., Ltd. All Rights Reserved.